いままで と これから を
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11/26
2005 Sat
WhIte
強請って やっと手に入れたのに
幾重ものレースにむせ返りそう

息が詰る


思い出す足音

手の届かなかった腕

君の真似をして
伸ばす癖の付いてしまった私の背中

憎らしい。
スポンサーサイト
11/26
2005 Sat
positive
くだらない歌詞なら
幾つでも浮かんでくるよ
口にする言葉の数の多さには自信があるから

人が振り向きもしない旋律なら
腐るほど持ってる
音と音を繋げる確率は無限大だから

さっきの階段であの子の靴が刻んだリズム
エンジンが奏でた音階
心臓の、鼓動までも。
11/11
2005 Fri
gyih
汗のにおいのする半地下の部屋
錆びた金属の棒を握り締める
機械の軋む音と
大音量のブルーハーツ

無意識に踏むペダル
焦点の合っていなかった私の目の前を掠めた
大きな手が
私を現実に引き戻した
ありがとう、と呟いた。
11/04
2005 Fri
NO LIFE
昨日の夜空は
静かに泣いていた
体が震えていたのは君だけじゃない

ごめんなさい 私のせいだ、と何度も呟いた
まるで懺悔だった
夜は寒々としていて わずかに吐く息だけが暖かかった

身の程知らずの私は訳も無く泣いていた
病んでいた
受話器越しに伝わらなくて本当に良かった
それだけが救いだった

[報告]
やっぱり歌うのはやめにする
大切にするべき時間と慈しむべき対象を
私は違えていた 長い間。
君が崩れてようやく思い知ったから。
11/01
2005 Tue
b2@d
もっときかせてよ
癖のある音を
その、君が片時も離さなかった楽器で

鳴らしてみせてよ
あの日壊れたテレビの最期や 吹き抜けるビル風を
朽ちゆく瞬間まで君は得意げに掻き鳴らしていた

君は毎日退屈そうに雲を作っているから


はやく帰ってきて
copylight © PASSE/AVENIR. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。